酵素

  

子どもを授かりたい

卵子提供や代理出産といった、医療技術で妊娠を可能にする選択肢が増えている。
日本では認可されておらず、海外でしか行なうことができないものもあるが、日本で行えるものだけでも多くの可能性を広げることができる。
特に卵子提供は日本でも行える不妊対策として注目されている。
先進諸国は晩婚化が進んでおり、年齢が原因で不妊治療を行っている人が増えているといわれている。
40代での妊娠も可能であるが、人によっては若いにも関わらず妊娠できないという人もいる。
基本的に、50代になってからの妊娠は難しいため、諦める人が多い。
しかし、子どもを持ちたいという願いはどんな年齢の人が持っても許されることである。
特に一度も出産したことがない人には、かけがえのないチャンスなのである。

海外ではこうした卵子提供や精子提供が頻繁に行われており、今ではそうした卵子提供によって生まれた子どもが成人している。
日本ではまだまだそういった制度が浸透していないが、法律でも整備されており、卵子提供の支援を行っている機関も存在する。
卵子は着床しなければ、毎月月経によって流れてしまうものである。
妊娠の予定がなく、卵子を有効活用したい場合は、ドナー登録という道もある。
卵子を提供して欲しいと願っている人は沢山いる。
そういった人々の願いを叶えるためには、できるだけ多くの人にドナー登録してもらうことが求められている。
安心して卵子提供を行なって貰うために、色んな制度を設けているので、調べてみると良い。

オススメリンク

高齢出産

現代の医療では、卵子提供によって子どもを出産するという人は増えてきている。高齢になると卵子の生成が上手くいかなくなることが多く、若くても卵巣に障害がある場合はこの方法で妊娠することができる。

この記事の続きを読む

ドナー登録をする

支援団体は卵子提供をしてくれるドナーを募集している。これは完全にボランティアとして登録するものであり、個人情報は提供される側に明かされることはない。条件には年齢制限がある。

この記事の続きを読む

提供の方法

卵子提供の基本的な流れとして、説明やカウンセリングが行われることが条件である。支援団体がマッチングを行い、倫理委員会の承認を得た上で提供が実施されることになる。

この記事の続きを読む

海外で行なう

日本でなかなか条件の合う人が見つからなかった場合は、海外で受けることもできる。タイは高い医療技術を持っており、卵子提供の支援団体もあるので、安心して利用できる。

この記事の続きを読む